otasuke.click

ブログ初心者お助け本舗。ブログ入門編や生活に役立つ情報まで。お助けブログ

ショッピングモール

 

検索結果97,521件
次へ

やぶひげ祥庵 女房喰い

参考価格:540円
その女の白い体には叩かれたような、抓られたような痣が数えきれないほど浮き上がっていた。薬研掘の医師”藪髭”こと祥庵は、痣の理由も自分の名前さえ名乗らないその患者の体と心の傷を治療するべく、真相を求め始める。患者の名は佳代といい武家・井村家に嫁いだばかりの女であることが分かると同時に、井村家では佳代の前に嫁いだ女が祝言後1年で謎の死を遂げていることが判明した・・・。 薬研掘の医師”藪髭”祥庵の活躍を...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

やぶひげ祥庵 闇のひめごと

参考価格:540円
お狐様の出現の噂が江戸の街を賑わしている頃、《お狐様、上総屋手代・弥吉かどわかし》と新たな噂が瓦版を飾ったのは事件の2日後であった。事件の夜、「お侍様・・・」闇の向こうから祥庵に助けを求めて声をかけてきたのは、目鼻立ちの整ったとても美しい娘であった。富岡の雨具屋の娘 沙希と名乗るその娘を祥庵は案じ、上総屋手代・弥吉に家まで送らせたのだが、弥吉はその後戻ることはなかった・・・。弥吉を探す祥庵は、富岡...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

ヴェルサイユ 20 財政の要、コルベールの成功と失脚

参考価格:216円
豪華絢爛の代名詞「ヴェルサイユ宮殿」。ヴェルサイユってどんなところ? 独特の宮廷文化をゼロから作りあげたルイ14世ってどんな人? そこで働く人々の生活は? フランス文化史研究の第一人者による待望の連載――これまで大改築の全貌を見てきましたが、今回はそもそもの疑問、「そのお金は一体どこから?」に迫ります。まさに当時の政治や財政だけでなく、一般市民の生活も、このヴェルサイユを中心に回っていたことが分か...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

世界文学の高峰たち

参考価格:388円
世界の偉大な文学者たちの生涯と、その作品世界を紹介・探訪する文学評論。セルバンテス、ゲーテ、ユゴー、ブロンテ姉妹、ドストエフスキー、ドイル、プルースト、ジョイス、カフカ、チャンドラー、ヘミングウェイなどなど三一人の文豪たちの魅力的な生きざまを振り返りつつ、文学の本質、文学の可能性をさぐる。読書家、作家志望必読。...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

[証言録]海軍反省会 8

参考価格:4,200円
「[証言録]海軍反省会」の第8巻。第60回から、第68回までを収録する。第60回では、開戦前後の時期における、軍令部作戦課長・富岡定俊と連合艦隊先任参謀・黒島亀人の対立について、「海軍の悲劇であった」という佐薙毅の発言が見られる。第63回では、「い号作戦」「ろ号作戦」の実施は、永野軍令部総長の失言のつじつま合わせであったことが明らかとなる。第64回では、軍令部における伏見宮問題の今だから言える話が...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

歴史(上)

参考価格:1,188円
この書は、人間の功業が時のたつうちに忘れ去られるようなこと、また、ギリシア人と異邦人によって示された驚嘆すべき偉業が顧みられなくなるようなこと、特に、彼らが互いにしのぎを削るに至った原因が不明になるようなことがないようにするために発表するものである──「歴史の父」ヘロドトスは巻頭にこう記し、紀元前5世紀のアケメネス朝ペルシアと古代ギリシア諸ポリス間の戦争(ペルシア戦争)を中心に、小アジア、エジプト...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

歴史(下)

参考価格:1,188円
この下巻では、ペルシア戦争の顛末に最も多くの筆がさかれる。「マラトン戦役」「テルモピュライの戦い」「サラミスの海戦」をへて「プラタイアの戦い」で雌雄が決するまで、歴史を大きく動かした戦いの詳細が、ペルシアのダレイオス、クセルクセス、ギリシア軍のレオニダス1世らの行動とともに描かれる。...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

新版 日露国境交渉史 北方領土返還への道

参考価格:1,641円
一向に決着のつかない北方領土問題に解決の目安はあるのか。幕末から今にいたる日本とロシアとの北方領土、国境確定の交渉の歴史を、客観的に明らかにするとともに、解決にむけての具体的提言を示す。...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

完本 信長私記

参考価格:2,808円
なぜ「種子島(鉄砲)」に興味を持ったのか?なぜ将軍・足利義輝を保護したのか?なぜ明智光秀を取り立てたのか?なぜ桶狭間で今川義元に勝てたのか?なぜ徳川家康と同盟を結んだのか?なぜ長篠の戦いで武田軍に勝てたのか?なぜ安土城を建てたのか?なぜ松永弾正の裏切りを許そうとしたのか?――すべての答えは「信長の日記」にある。...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

昭和の軍閥

参考価格:1,080円
政治腐敗や深刻な不況に揺らぐ昭和初期、充満する憤懣は改革、革命の熱気を醸成した。軍部には「世論ニ惑ハズ政治ニ拘ラズ」(軍人勅諭)の伝説を覆えさんとする軍人が現れ、軍閥を形成する。皇道派対統制派、幕僚対青年将校等の対立を内に蔵しつつも、彼らは軍の枠を超え出て国家を掌握。日本を支配し、破滅へと猛進した昭和軍閥の生成とその実態を探る。...

この商品の詳細はこちら
紀伊國屋書店BookWeb
 

検索結果97,521件
次へ

Web Services by Yahoo! JAPAN

公開日: